【FTM父になる。】第五弾 – Oさん

様々な家庭・家族の在り方、そして子作り・子育てのカタチがある現代。
実際にどのような家族・家庭・子作り・子育てがあるのか?を紹介していく【FTM父になる。】シリーズ第五弾のインタビューはOさんです。

トランスジェンダー子作りインタビュー vol.5 Oさんの場合

■現在の家族構成を教えてください。

妻・息子・猫3匹です。

■子供を持つということに関して奥様と話し合われたと思いますが、どのように話しましたか?

お互い子供が好きなので、子供を育てたいと思いました。養子にするか、精子ドナーからもらうか迷いました。

■いつ頃からこういった話が出ましたか?よく子供についての話しなどはされてきましたか?

付き合う時に、子供ができない。僕は子供が好き。養子をもらって育てたいと言い、結局精子ドナーから受けることができると知って、嫁は赤ちゃんを産みたいと精子ドナーから提供してもらおうと決めました。
(嫁は調べて精子ドナーから授かることができると知っていました)

■精子提供を受けようと思った理由を教えてください。

妻が妊娠してみたいと言っていたので。

■奥様の意見を聞いたときにどう思ったかO様のお気持ちも良ければ教えてください。

嬉しかったです。僕の血が繋がらなくても、嫁の血は繋がってるから産んでほしいと思いました。

第三者からの精子提供

■第三者から精子提供してもらうことに関して、何か葛藤などはありましたか?

血の繋がってない父になる。赤の他人。

■葛藤に対して、不安などがあったかと思いますが、それでも!と、それを乗り越えたきっかけや思いなどあれば是非詳しくお聞きしたいです。

複雑な気持ちもありますし、大きくなって息子から何か言われるのか不安です。
でも、子供が欲しいという気持ちが強かったし、嫁の血が繋がってるので、大切にしたい。
嫁のお腹に授かった時から見守ってきたので、胸を張って血が繋がっていなくても、大切な息子。パパの子だから!と言えるようになりたいと思います。

■精子提供で妊活されることは奥様と話し合ったと思うのですが、奥様以外のご家族(双方の両親など)には相談やお話はされていますか?

最初は子供が欲しければ養子で子供育てていくのはどう?って言われました。
両親は精子提供で子供を授かることができるという情報が得られてなかったので。
精子提供について説明したら、その方法で授かることができるんだね!子供を産んでみたいなら精子提供でいいと思うよ!と言われました。

■そのように言われたことで、どう感じたのかなどO様ご夫妻のお気持ち を教えていただけないでしょうか。

その時は血が繋がらない孫ができるのに、応援してくれてるんだな、理解してくれてありがとう!!っていう気持ちが強かったです。

妊娠・出産に至るまで

■実際に妊娠されるまでの過程を教えてください。

太田さんに説明していただき、妊娠確率は高くないと。お金も時間もかかることを覚悟した上で、ドナー決め、妻の排卵日に合わせて受けました。
不安でしたが、1回で授かりました。最初の相談から、約半年ほどかかりました。

■実際にお子様が生まれて、腕に抱いた瞬間の気持ちを教えてください。

感動 それ以外言葉が見つかりませんでした。

■お子さまには、生まれてきた経緯を話しますか?

息子が気付いた時に全て話します。

Message

■これから子どもを迎え入れられる予定の方、また考え中の方へメッセージをお願いします。

たくさん悩み、たくさん相談し、時にはぶつかり合うこともあると思います。
周りから理解してくれないこともあると思います。

でも自分達が決めた道を信じて子作りや子育てに励んでもらえたらと思います。
応援しています。